復活してみました。ボチボチやります。
=「タダイマ興味関心ソウカガッカイ」の後続ブログ=
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
もしもあなたが勧誘されたら【2】
あちこち巡回しながら思ったこと。
いろーんな気持ちが書かれているブログを見て、私もいろーんな気持ちが出てきた。
うまく文字にできるかわからないけど書いてみます。
−−−の、その2。

■ハヌさんは哀しんでいるのです。

こういう私が良いだとか、そうじゃなく断りきれないで悩んでいる人が悪いだとか、そういうことを言いたくて、書いているわけじゃない。

ただただ切ないのです。
愛している相手から「同時中継来てみなよ。」と言われてその言葉の意味に悩む非学会員。
結婚の臭いも漂っている中で、創価学会を拒否することは相手との関係がうまくいかなくなるかもしれない…と悩む彼女の気持ちを読むと、キューって苦しくなる。

同時に。
(私から見れば)その自分の発言の重さもわからぬ様子で、
(私から見れば)彼女の気持ちをおもんばかることを忘れたかのような軽い様子で、
悪気ない様子の彼氏を読むと、そんな創価学会員にイラッとする。

その男性の悪口を言いたいわけじゃないんだよ。
私はその女性を信じている。その彼女が愛している男性が悪い人だと思っていない。
きっと素敵な男性なんだろうって思ってきたし、思ってる。
でも創価学会は嫌い。
創価学会という服を着た彼氏さんは「アーンポーンターン!」って言いたくなっちゃう。
なんでー?なんでー?彼氏さんどうしてー?
って。
「なんで」については内外から「それはね」とさまざまな解釈があるようで、コメント欄にも書き込まれているけど、
私はそんな解釈うんぬんでなく感性で感覚で右脳で
「創価学会嫌だよーん」「彼氏さん、どうしたんだよーん」
ってわんわん鳴り響く。

私と彼女の置かれている状況は違う。
私はレオさんとカレカノだったわけではないし。
もともと結婚願望はない女だし。
結婚するとしても「愛し合ってるから結婚」というよりも「お互い自立しながらも手をつないで現実を生きていける人と一緒に暮らせばええやん?」という感覚がある女だし。

だからその女性と私は同じではないのだけど。
そうなんだけど。
そうなんだけどー。
うまく言えないけど、切ないし苦しいし腹が立つ。

彼女の悩みを読むと、私にはそういう悩みが全然なかったことに気づかされる。
それが良いとか悪いとかじゃなくて。とにかく違いに気がつくことで自分を知る。
自分を知るということは自分と向き合うきっかけにもなるわけで。
あの頃の自分を思い出してなんとも言えない気持ちになる。

【私の気持ちは私の気持ち。彼氏の信仰心はそれはそれ。】
「結婚するには名前だけでも入っておけばいいだろうか」と悩むこともない。
だって嫌だもん。嫌いだもん、創価学会。関わりたくないもん。
タダでさえ彼氏が創価学会員ってことで、こうして関わらざる得なくてこれだけ葛藤したり彼氏との共同体制に苦労してるのに、冗談じゃないよ。
−−−って、きっと私だったらそう思う。

「あなたが私と結婚して○○できたらって思っているのはわかった。
でも一緒にできることとできないことがある。
私は○○については一緒にできない。私にはできない。
○○は一緒にできないけど、◎◎は一緒にやろうよ。」
とか提案しそうだ。
※○○は創価学会に関連すること。◎◎は創価学会とは関連しないこと。

果たしてそういう会話が成り立つかどうか…。
ひとまずレオさんのような人と私が結婚しようと思ったと仮定すれば、こういう会話ができない人と付き合って結婚しようとならないだろうし、ここでこういう話ができない人だったら結婚は保留にするな。きっと。

何度も書くが、それが良いだの悪いだの言いたいわけじゃない。
私はそんな風に悩まないわーって優越感を持ちたいわけでもない。

たまたまきっと私は悩むポイントが違うだろうってだけで、
彼女のような悩みは多くの非学会員の悩みだと思うわけで。
繰り返す。
悩んでいる人の想いを私なりに思うと、切なくなり苦しくなり腹が立つ。
自分にはない部分を知り自分を知ることになり、自分と向き合い複雑な気分になる。

>>>続く
ハヌからあなたへ comments(8) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








ハヌさん、ありがとう♪
(で、良いのよね?!)


>彼女の気持ちを読むと、キューって苦しくなる。

>同時に。
>(私から見れば)その自分の発言の重さもわからぬ様子で、
>(私から見れば)彼女の気持ちをおもんばかることを忘れたかのような軽い様子で、
>悪気ない様子の彼氏を読むと、そんな創価学会員にイラッとする。

傍から見ると、そうですよねぇ、きっと。
簡単に言われてたら、私も迷わずに『NO!』と言えてたと思います。
私も彼と付き合い始めは、『絶対、入らない!』とか『強制で入れなんて言われたら、別れる!』なんて言っておりました^^;
結婚が見えてきたから、考えが変わった訳でもなく、どちらかと言うと、まぁ将来一人…は不安ですけど、それほど結婚願望があった訳でもないんですね、実は。
それに輪をかけて、もうこの年になると?今の生活(レベルも含めて)を崩されたくないと言うか…

それが、付き合っていく中で、一緒に暮らしたいと思うようになったんです、珍しく。
そう思えて、しかも相手にもそう思ってもらえるのって中々無い事だなぁ…と思ったり。
もう、自分の気持ちが彼と簡単に別れられる所じゃないトコに来ちゃってるんです。

あんまり上手く説明できないんですけど…
また改めて来させて下さい!

ハヌさんの気持ちは十分伝わってます。嬉しいです。
一緒に切なくなってくれて、ありがとう☆


from. リオ | 2008/09/08 01:05 |
いやはや。
自分でも驚くくらいの放置ぶり。
しかもコメントあったのですね。本当にごめんなさいね。

>リオさん
私も改めてまたお話したいなーって思ってます。
お互いブログ以外の時間もあるでしょうから、のんびりいこう〜♪(←マネ)

>リンクの件で書いてくださった方
了解しました。
私、配慮足りないなー、ってつくづく思いました。
ごめんなさい。
from. ハヌマーン | 2009/05/15 11:08 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2010/01/31 09:24 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2010/10/03 23:50 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2011/05/05 21:56 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2011/05/13 02:04 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2011/06/14 03:00 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2011/08/27 07:45 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hanuman.jugem.jp/trackback/10
<< NEW | TOP | OLD>>